せんばやまのたぬきちのブログ

たぬきちのトイガン&サバゲーに関するブログです!

マルシン コンストリクター レビューです!

みなさんこんばんわ。たぬきちです。

いやはや、久しぶりにポチがわんわんと騒ぐのでどうしようもなく。

ポチっとやっちゃいました。

 

えーい、ポチっとな!

(チャキーン。お買い上げ~)

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181113225600j:plain

マルシン コンストリクター Xカートリッジ 6mm HW です!

 

やばい!

恰好良すぎて鼻血が出そうです(はやくも大興奮

 

それというのも、何を隠そうリアルカートモデルのリボルバーを買うのが初なのです!

やはりリアルカートのリボルバーっていうのはしびれるものがありますね。

 

コンストリクターとは何かというお話をまずしなければなりませんね。

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181113230032j:plain

モックアップ元の銃はコルト・アナコンダというリボルバーです。

 

コルト社のメインラインナップはかつてはキングコブラやパイソンに代表される357マグナム弾を使用したモデルが主流でした。

S&W等、競合他社がより強力な44マグナム弾を使用したリボルバーをリリースするにつれ、コルト社でも44マグナム弾を使用する銃を売り出す必要が生じ、そこで投入されたのがこのアナコンダという大型リボルバーでした。

 

このアナコンダという銃を元に、PPC風の味付けをしてマルシンが市場投入したのがこのコンストリクターというトイガンです。

PPCというのはFBIがハンドガンの技量向上を目的に創設した競技だそうで、実在するその競技銃をモチーフにマルシン・アナコンダをメーカーがリファインしたモデルになります。

 

なので、コンストリクターという実銃は存在しないようですね。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181113230958j:plain

競技銃として使われることをイメージして作られているため、このトイガンはバレルの上下ともデフォルトで20mmレールになっております。

 

なので、特別なアタッチメントを介さずに各種サイトやウェポンライト等を設置できるとのこと。

これはリボルバーとしては画期的ですね!

 

ちなみにこちらサイドにはマルシンの企業名が刻印されています。

架空ガンというとどこか空々しいようなイメージがありましたが、このトイガンでは企業名がなんとも誇らしげに見える気がします。

 

マルシンさん、よくこんな格好いいトイガンを作ってくれましたね。

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181113231511j:plain

真鍮製のカートがなんとも美しいですね!

 

これはマルシンのお家芸ともいえるXカートリッジの44マグナムバージョンです。

コンストリクターの他、アナコンダ、アンリミテッドリボルバーとも互換するようです。

 

Xカートリッジの特徴はなんといってもその命中精度ですね。

本来、リボルバータイプでリアルカート方式のトイガンというのは極端に命中精度が低いです。

理由はシリンダー、カート、バレルの関係が弾倉の回転の影響で射撃ごとに毎回微妙に変わってしまうためです。

 

Xカートリッジはそんなリボルバー×リアルカートのトイガンの中では、とても安定的な射撃水準を生み出しています。

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181113232343j:plain

今回、箱出し状態で8m程度先のターゲットペーパーを射撃した結果です。

狙点は全弾、ターゲット中央です。

 

箱出し状態でもA4のターゲットに全弾命中すること自体、リボルバータイプだと難しいはずです。

理由は前述の構造上の再現性の低さのみならず、初速が低く冷えにも弱いため連射に向かないためです。

 

この個体でも箱出し時は初速が50m/s程度(!)と、一瞬「やっちまったか??」と思わされましたが(^^;

ガスの入れすぎだったのか、30発ほど撃つうちに初速が70m/s程度で安定するようになりました。

 

そこからは、73~70m/s程度をキープしていたので冷えに対しても安定的なようですね。

 

そして、ワンチャージで60発以上撃てる燃費の良さも高評価出来るポイントです。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181113233303j:plain

まだまだ触り始めなので、使っていくうちにネガティブポイントも出てくるかもしれませんね。

 

可動パーツが多いので、今のところ耐久性が幾分心配ですね。

おそらく微妙な線で命中精度を維持しているんじゃないかと思うので、使い込んでいくうちに可動各部のあそびが出始めて精度が落ちたりしないかどうか。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181113233645j:plain

また、このごつさが格好いいのですが。

カート込みで1.6kg(!)と超ヘビーなのです(><

 

こいつを片手で扱えるほどの腕っぷしは、さすがにたぬきちも持ち合わせておりません。

これは間違いなく、たぬきちの所持してきた中で一番ヘビーなハンドガンですねぇ。

個人的には筋力アップに貢献してくれそうでちょっと期待してみたりして。

 

うーん重い!

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181113225600j:plain

さて、見てまいりましたが。

どうでしょうかね。コンストリクター。

 

初速は今現在の気温下での、我が家のハンドガンの平均値くらい出ていますね。

命中精度はマルイ製のオートマチック拳銃には遠く及びませんが、リボルバーとしては上々の部類です。

ホップの掛かり具合も気になりますが、その辺も含めて近日中にレンジに行かないといけませんね。

 

わんわん鳴くポチにあおられて、こいつの装備品をいくつかポチってしまいましたのでね。

それも含めてまた追ってレビューしていきたいと思います。

 

たぬきち的にはまたトイガンの面白みの新たな局面に突入してしまいそうな予感がしております(^^;

いやはや。沼が深くてそら恐ろしいこと。

こんなにどっぷりはまり込める趣味っていうのもなかなかありませんよ(^^;

 

それではまた近々。たぬきちでした。

 

☆☆☆以下、告知です☆☆☆

 

このブログでも登場した以下のアイテムをヤフオクに出品中です!

ご興味のある方は是非!

 

page.auctions.yahoo.co.jp

page.auctions.yahoo.co.jp

以上、たぬきちでした☆

 

S&T P-90 電動ガン レビューです!

みなさんこんばんわ。たぬきちです。

日に日に冬の気配の近づいてくる今日この頃。みなさんどうお過ごしでしょうか。

寒くなってくると「やっぱり電動ガンって信頼性が高くていいよね」とかと思わずつぶやくことが増えてきますよね。

(え?ない?)

 

たぬきちも何丁か電動ガンを持っています。

その中でも、今宵はたぬきち的にベストガンな一丁をご紹介しましょう。

 

はいこれドン!

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181110233038j:plain

S&T製P-90電動ガンです!

 

流線形のフォルムがなんとも格好いいですね!

この個体ではドットサイトとサプレッサーを装着しています。

 

P-90といえば、ベルギーのFN社が開発した銃で、PDW(パーソナルディフェンスウェポン)として有名ですね。

FN社ではこの銃のためにライフル弾を短くしたような弾丸を新規開発。同じPDWのカテゴリであるMP5が拳銃弾を使うのに対して、この銃では準ライフル弾なので貫通性能がとても高いようです。

そのあたりの火力による制圧力を期待されてか、1997年に起きたペルーの日本大使館人質事件では突入部隊が使用したそうですね!

そもそもは砲兵など後方部隊のセルフディフェンス用に開発されたらしいのですが、特殊部隊が使用しているようなイメージが強いのはこの事件があったためですかね。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181110235132j:plain

さて、それでは細部を見ていきましょうか。

 

東京マルイもこの銃をモデルアップしていますが、S&T製の大きな違いはこのレシーバー(ドットサイトが載っている、銃の前半上部)がメタル製であることです。

東京マルイ製品はデフォルトではトップにドットサイトが標準装備されていますね。

ドットサイトは金属製のようですが、このレシーバーは樹脂製だそうで仲間内でも破損したという話を聞いたことがあります。

 

マルイ製品でも、TRという製品はどうなんでしょうかね。

このS&T製P90と同じくメタル製なのでしょうか。

その辺は情報がないのでわかりませんが、少なくともこのS&T製P-90は、レシーバー全体がメタル製ですので剛性は高いと思います。

 

また、刻印の類として三か所に白あるいはグレーで印字がされていて、雰囲気を盛り上げてくれていますね。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181111000240j:plain

マガジンの装弾数は50発で、スプリング給弾式です。

半透明なハウジングの中に、キャロット色の弾頭のダミーカートがずらっと並んでいるのが見えますね!

このビューが超リアルでとても格好いいです。

 

社外の多弾マガジンの多くはこのダミーカート部がシールだったりBB弾がモロ見えだったりするようです。

たぬきち的にはゼンマイを巻くのがかったるく、持って走るとジャラジャラ鳴るので多弾マガジンは好みません。

どうせ買うなら、ダミーカートの見えるスプリング式がやはり良いですね。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181111215613j:plain

 銃の右側です。

こちら側には刻印の類はありませんね。

これがどれくらいリアルなのかよくわかりませんが、それでもダミーリベットや流線形の造形によって美しいフォルムをしています。

 

また、三面レール+14mm逆ネジアウターバレルが標準仕様となっているので、必要十分な拡張性を持っているのも好感点ですね。

サイドレールは1ノッチ分のショートレールですが、ライトなど小物をつけるならこれで足ります。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181111220422j:plainそういえば、セレクタの部類がサイドビューからは見当たりませんね。

 

それもそのはず。この銃のセレクタはトリガー部分にあります。

トリガー下のダイヤル状の部品で発射モードを制御しています。

Sがセーフティ、1が単発、Aがフルオートです。

 

近未来的なフォルムもそうですが、こういう部分も他には見かけない構造なんですね。

まったく、この銃の設計者はさぞかしSF好きな人物なのでしょうか。

 

構えてみると、トリガー前方のアーチに左手を添えることになります。

セレクタはその左手の親指で操作できる位置に配されているので、くせがありますが操作性はなかなか良いですよ。

 

ちなみにチャージングハンドルは可動するので引くこともできます。

電動ガンなので、引いたところで何かが起こるわけではありませんが(^^;

実銃はトイガンと同様に樹脂フレームだし、射撃時にもチャージングハンドル等外から見える部品が可動するわけではないようです。

そういう意味では、スタンダードタイプの電動ガンではあるものの、実銃ベースで見た時のリアリティは担保されているとも言えますね。

この銃の良いところはたくさんありますが、この点もたぬきちは好感点です。

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181111221834j:plain

さて、実射性能ですが。この個体は箱出しで初速が90m/s程度でした。

 

購入後すぐにマルイ製のパッキンに交換してしまったのでデフォルトでの射撃精度はわかりませんが、現状では50m先のマンターゲットに狙って命中させることが出来るくらいの精度があります。

弾道は素直でホップの掛かりも上々。この辺りはマルイ製品のコピーモデルにマルイのパッキンを装備しているので信頼感はありますね。

 

フルオートメインで戦おうと思うと、装弾数50発のマガジンなのですぐに撃ち切ってしまいますね。

まあでも、リロードもトイガン遊びの醍醐味の一つですのでね。何本でもマガジンを持っておいて、撃ち切ったらリロードすればいいことです。

そういう意味では、多弾マグは楽しみを省略しているような気がしてしまうのでやはりあまり好みません。

 

本体の音が漏れにくい密閉構造と相まって、サイレンサー装着の効果はとても大きく射撃音はトストスッという「これぞサイレンサー装備の銃!」といった感じです。

その辺も含めて、とても遊びやすく感性も刺激してくれる良いトイガンだと思います。

 

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181111223606j:plain

さて良いことずくめのようにも見えるP90ですが、難点もあります。

ブルパップ構造独特のこの高さのあるストックが邪魔をして、頬付けがとてもしにくいです。

 

高さの低いダットサイト等を使うと、ずいぶん首を折らないとサイトが覗けません。

特にサバゲ使用時においてはフェイスマスク等をしている場合がほとんどでしょう。これはなおさら辛いものがありますね。

 

対応策としてはサイトを高くすることです。

エクステンションレールでかさましするか、最初からハイマウントなサイトを装着すれば覗けるようになります。

その場合、公差によって距離ごとに縦方向の着弾位置がずれることになりますが、それもその前提で射撃に臨めば良いこと。

射手の技量で補正して、その結果ヒットが取れるととても嬉しいものです。

そういう意味では、射手としてのロマンも味わえるのだという理解の仕方でどうでしょうかね。

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181111224414j:plain

あと難点がもう一点。

 

バットプレートを外して内部にバッテリーを入れるのですが、この内部スペースがとても狭いです。

しかも!デフォルトではこの狭いスペースにヒューズボックスがあるのでバッテリーを仕込みづらく、無理に押し込めばケーブルを痛めてしまいそうなほどです。

 

そこでたぬきちの個体ではヒューズボックスを外してヒューズレス化しました。

写真では本体から出ているケーブルは黒色と銀色ですが、銀色側がもともとは赤色コードで、メカボックスとコネクタの間にヒューズボックスがありました。

この作業でははんだ付けが必要ですが、これ一つやっておくことでだいぶバッテリーは入れやすくなりますよ。

 

購入後、ホップパッキン交換、ヒューズレス化の他、SBDキットを装着しています。

SBDはスイッチの焼けを予防する回路ですね。

メカボックスについては今回は開けていませんが、至って快調ですのでひとまずこのままで遊ぼうと思っています。

メカボの音もそれほど気にならないレベルですので、その点も上々ですね。

 

設計思想の違いで世界には様々な銃がありますね。

その中でも、P-90はとてもユニークで洗練された銃だと思います。

S&T製品については値段もお手頃ですのでね。

そのへんも含めて、たぬきち好みの良い銃です。

 

それではまた。たぬきちでした。

 

 

 

撃ち比べ企画☆ガスブロ長物編です!

みなさんこんばんわ。たぬきちです。

日に日に寒くなる今日この頃ですが。

先日のKSC製MP7A1のレビューにかこつけて、こんな企画を考えてみました。

 

撃ち比べ企画☆ガスブロ長物編!

出場者は以下の通りです。

S&T AR-15A4 Slender KM 9

KSC MP7A1

KSC Kriss Vector

 

それでは、張り切って行ってみましょー!

 

S&T AR-15A4 Slender KM 9

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181108231742j:plain

さて、まずはこの方からご登場いただきましょう。

M4(M16)タイプのガス長物を、S&TがWA製品を元にスポーツラインとして製品化した一品です。

厳密にはマガジンが互換するも動作は不完全との情報もあるので完全コピーではないようですが、これ単体で見ればWA製M4のクローンと言ってもよさそうです。

 

しかもホップパッキンは東京マルイ電動ガンタイプが流用可能な優れもの。

海外製品と侮りがたい動作性&実射性能を秘めています。

このあたりの個別の詳しいレビューについては過去記事をご覧くださいね。

 

さて、実射性能を見てみましょう!

今回は各銃につき、7.5mほどの距離からテーブルに肘をつく形での委託姿勢で射撃をします。

射撃はセミオートで5発です。

的のセンターを狙うのを目的とせず、5発全弾同じ狙点でグルーピングを見ることにします。

 

それでは行ってみましょう!

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181108233310j:plain

横に散っているのがやや気になりますが、一番右の着弾以外で考えればまずまずのグルーピングじゃないでしょうか。

 

初速は初弾で71m/s程度。

盛夏では83m/s出ていましたので、やはり気温の低下に伴って着実にパワーダウンしていますね。

 

それでも、今回登場の三丁の中で一番の激しいリコイルショックは健在です!

一発ごと、撃つたびに跳ね上がる銃身に肩を叩かれる感覚はまさに射撃!という感じでガスブロ長物の醍醐味を味わわせてくれます。

 

この後フルオートも試しましたが、さすがに5発も連射すると息が切れてきて、ボルトの後退不足で給弾されなくなりますね。

この辺りは大量吐出したガスの圧力で重たいボルトをガシガシ動かしているので宿命と言えましょうか。

さりとて、意外なほど燃費が悪くないのが好印象でもありますね。

 

 

さて、次いってみよー!

 

 

KSC MP7A1

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181108234836j:plain

前回記事で登場した、KSCのリトルダンディーことMP7A1です。

 

言わずと知れた国産モデルガンメーカーKSCがモデルアップしたサブマシンガンです。

MP7といえば、ビンラディン暗殺指令を受けた米軍特殊部隊がヘリボーン作戦で使用していたと言われている銃ですね。

それだけコンパクトで、制圧力にも優れた突入作戦に有効なパッケージングを持った銃だという事ですね。

 

こちらのトイガンはKSCの伝家の宝刀、システム7を搭載しています。

軽量マグネシウムボルトと相まって動作性は極めて高く、たぬきちは昨シーズンは冬場でもずっと現役使用していました。

 

さて、実射性能はどうでしょうかね。

レッツシューティングです!

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181109000143j:plain

タテに若干散りましたが、まずまずじゃないでしょうか。

 

初速は初弾で72m/s程度。

盛夏でも77m/s程度でしたので、気温差による影響はまだそれほど受けていない印象ですね。

 

先日のレビューにも書きましたが、ブローバックは実にこじんまりとしていて、鋭く小さいリコイルショックがむしろ印象的です。

それが動作の着実さにつながっているようで、ある種の安心感もありますね。

この辺りはトレードオフの関係なので、大味・豪放なブローバックとどちらが良いかは意見が分かれるところかと思います。

 

実銃でも小口径弾を使用するこの銃ですので、そのへんの使用感もトイガンとしてモデルアップしているととらえることもできます。

たぬきちは持っていませんが、東京マルイ製MP7ガスブロの方がリコイルショックは強いようですので、好みによって選びようがあるかもしれませんね。

 

 

さて、最後の一丁です。

 

 

 

 

KSC Kriss Vector

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181109001028j:plain

出ました!KSCのイカ大王こと、KrissVectorです。

 

実銃ではどんな機関が採用しているのかいまいちよくわかりませんが、この形状の奇抜さから映画などにはたびたび登場していますね。

先日、九龍迷宮街区でのレンジシューティングではガスブロとしては驚異的な遠距離射撃を見せてくれましたので、期待大ですね!

 

それでは行ってみましょう!

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181109001351j:plain

やや左よりに集弾していますが、集弾性能は良いですね!

ドットサイトのゼロインをきちんと施せば、全弾灰色の枠内(直径30mm)に入りそうです。

 

当日の初速は76m/s程度。

9月下旬の初速で80m/s程度でしたので、こちらもまだそれほどは気温差の影響を受けてはいません。

ブローバックは至極快調。わりと強めな撃発音に比べて、肩を打つリコイルショックは少なめです。

そもそも、リコイルショックが不思議な打感というか。

例えるなら、クルマのエンジンの揺れに近い感覚といえば良いですかねぇ。

 

クルマのエンジンの揺れは前後左右に複雑に揺さぶられる感じですよね。

あんな感じで、ローリングするような複雑なリコイルショックがあります。

 

これはもちろん、クリススーパーVというリコイル軽減システムによるものですね。

後退してきたボルトが途中で下方向へ移動方向を変えるためです。

 

イングラムM10やMP7など小口径のサブマシンガンを採用してきた米軍では、一方で「小口径ではストッピングパワーが足りない」という議論が起こりました。

いわゆる45口径神話によるものです。

設計が古く装弾数も少ないM1911(いわゆるガバメント)が現代でも使用されているのは、その使用弾丸が45ACPという大口径弾だから。

一撃で相手を行動不能にさせる、いわゆるストッピングパワーと呼ばれる性能が米国の兵器市場では常に意識されているようで、このような話はたびたび出てきます。

 

45ACPはそのストッピングパワーゆえに、連射すると銃が跳ねてコントロールが難しくなります。

それを画期的な方法で解決したのがKrissVectorのクリススーパーVシステムというわけです。

 

KSCのKrissVectorではそのスーパーVシステムもトイガンとして完全再現。

ただでさえ優秀なブローバックユニットであるシステム7を、スーパーVシステム上で稼働させているのだから、なんとも凝った作りです。

KSCのイカ大王は、一口で二度おいしいというわけです。

 

 

さて、見てまいりましたガス長物撃ち比べ大会ですが、いかがだったでしょうか。

三者三様、それぞれ味があってガスブロって並べると面白いなというのがたぬきちの率直な感想です。

 

特に際立つのはやはりKrissVectorですが、それもAR-15やMP7と並べることで面白みがはっきりわかるので、やはりオーソドックスなものには王道たる良さがありますね。

このあたり、電動ガンにはない内部構造の違いによって生まれる面白みがガスブローバックガンにはありますね。

 

また、東京マルイ製MP7とKSC製MP7でもつくりの違いから味付けがだいぶ変わってくるようですので、本当に、トイガン遊びっていうのは興味が尽きないですね。

 

それでは今宵もこの辺にしておきましょう。

たぬきちでした。

KSC MP7A1-Ⅱ レビューです!

みなさんこんばんわ。たぬきちです。

先週末から食あたり&風邪のダブルパンチで完全KO状態で伸びておりました(^^;

季節の変わり目というのはこんなこともありますね。

みなさんもぜひ気を付けてくださいね。

 

さて!気を取り直して今宵はこいつのレビューをば!

リトルダンディー、カモン!

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181106193844j:plain

KSC MP7A1-Ⅱです!

 

もろもろ装備しています。

・フルオートトレーサー(バンテージ巻き)

・アングルグリップ

・ACOG(4倍固定スコープ)+RMRダットサイト

あと、サバゲの際にはウェポンライトも付けることもあります。

 

MP7の魅力は、まず何といってもこの拡張性の良さですね!

思う存分、なんでもかかってこい!と言わんばかりの拡張性の良さです。

AK系のライフルにはない大きな魅力ですね。

あえて言うならば、銃口部分のアタッチメントが通常の14mm逆ネジが使えないので若干不便ではあります。

これはアウターバレルが細く、本体に対して奥まった位置に先端があるためです。

専用のアダプタを介して14mm逆ネジの各種製品を使えるようになります。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181106194515j:plain

セレクタ類はすべてアンビタイプで各部の操作性は素晴らしく良いです。

 

まず右手の親指がちょうどかかる位置にセレクタがありますね。

その親指をそのままスイングしていくと、トリガーガード付け根位置にマガジンリリースボタンが位置しています。

トリガー上部に見えるボルトリリースレバーは逆サイド側がちょうど右手の人差し指に当たります。

 

どれも機能的な配置で無駄がないですね。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181106195334j:plain

ストックアームの付け根のすぐ上にある、四角い形をした部品がチャージングハンドルです。

初弾を装填する際にはここを後ろへ引くと装填できます。

 

たぬきちの個体ではスリングスイベルを用いず、パラコードで代用しています。

少々邪魔ではありますが、スイベル用の取り付け穴も含め本体が樹脂製なのでね。

金属製のスイベルを使った場合、削れてしまうんじゃないかと思ってパラコードを使用しています。

 

チャーハンを引くときに若干邪魔なんですがね(^^;

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181106200157j:plain

逆サイドです。

すべてのセレクタ類が見事にこちら側にもありますね。

刻印も多く、はっきりしていて雰囲気も上々です。

この辺りはさすがモデルガンも作っているメーカーですね。

 

外装はウェポンレールとストックアーム以外は樹脂製ですが、梨地にあしらわれた表面加工は傷に強く、プラスチック感はあまり感じさせません。

 

マガジンの装弾数は40発。多くも少なくもない感じですね。

実射性能はシステム7搭載ですので動作は極めて安定的です。

射撃精度は30m先の直径20cm程度のターゲットを狙うのがやっとですが、このサイズのガスブロにしてはまずまずじゃないでしょうか。

初速は11月初旬現在で72m/s程度です。

 

ブローバックについては動作はとても安定しています。

軽量マグネシウムボルトを標準装備していますので、ガスブロハンドガンと比べてもガス圧で動かしているものの質量が少ないため、動作に関しては本当に機敏です。

一方で、リコイルショックを期待する人にとっては拍子抜けするかもしれないくらい、撃発時の衝撃は小さいです。

 

長く寒い冬のある日本です。

低温環境下での動作も念頭に置いてバランスされているような印象です。

これを良いとみるか物足りないとみるかは意見が分かれそうですが、冬場でもセミオートなら普通に動作しますのでね。

たぬきちの見立てでは、トイガンとしての完成度はかなり高いように思います。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181106201715j:plain

KrissVectorとの大きさの比較です。

こう見ると、MP7はだいぶ小柄な銃だという事がよくわかりますね。

装備品をすべて外すと普通のリュックサックなどにも楽に入りますので可搬性についても素晴らしく良いトイガンです。

 

トリガーから先のオーバーハングがとても短いですね。

小さく構えて侵攻できるので、CQBフィールドでの使い勝手もとても良いです。

 

ロットによっては箱出しではホップの掛かりが弱いものもあるようですので、国産品ですが自分で整備が出来る方が調整に手間がないかもしれません。

その場合でも割と簡単に分解整備できるし、何より国産品なので部品の調達にも苦労しません。

その点は海外製品と比べて、天と地ほどの安心感の違いがありますね(^^;

 

いまだに新品が手に入る点も好感ですが、いかんせんKSC製品の新品はやや高額ですね。

アフターパーツの入手性の良さも考慮すると、中古品を買って整備するのがたぬきち的にはおすすめです。

 

たぬきちの個体も中古格安品を入手して整備したものです。

古いロットではピストンカップやブリーチの破損がよく見られるような情報もあります。

たぬきちの個体も例にもれずピストンカップが破損しましたが、KSCに問い合わせてすぐに部品を調達できたので、現在は対策の施されたものに交換済みで至って快調です。

 

まあ、少しくらい手を入れる余地のあるトイガンの方がたぬきち的にはかわいげがあって好みますのでね。

そういう意味でもMP7は面白いトイガンです。

 

冬場はある意味、ガスガンのサバイバルが始まります。

動作限界が低いガスガンから先に押し入れに押し込まれることになります(^^;

ちなみに昨年の冬、このMP7はそのサバイバルを乗り切りました。

なかなか見どころの多いやつです。

 

それではまた。

たぬきちでした。

M870だよ! 全員集合! の巻です!

みなさんこんばんわ。たぬきちです。

いやはや、好きこそもののなんとやらと言いますが。

好きなんですよねぇ。ショットガン。。。

 

いつの間にやらついついいろいろ買ってしまっていましたので、今宵はその中でも今持っているものを中心にいくつか挙げてみましょうか♪

 

それでは!

レッツエンジョイ♪ショットガン!

 

がしゃっ! ズド~ン!!

 

S&T M870ミディアム フルメタル リアルウッド

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181031212852j:plain

まずこちら。S&T M870ミドル リアルウッドです。

 

M870といえばこのスタイルですよね!

ショットガンという言葉で、まずこんなものが思い浮かぶ人も多いはず。

 

このトイガンはマルゼンCA870シリーズのコピーで、発射数は単発です。

ショットガンで単発かぁ。。と侮るなかれ。

マルゼンCA870シリーズといえば、言わずと知れたAPS競技銃の機構を元に開発されたことで有名なトイガンです。

そのコピーたるこの銃もまた「これで精密射撃をやってみたい!」と思わせるくらいの弾道の直進性と再現性を持っています。

初速が箱出しで95m/s程度と高出力なので、重量弾を使えば50m先のマンターゲットにもやすやすとヒット出来るほどです。

 

もっとも、デフォルトではフロントサイトもリアサイトもありません。

これは根本的にモチーフがショットガンなので仕方なし。

M870の宿命ですね。

 

素性の良さはピカイチなのに、何となく日陰な印象もたぬきち的にはくすぐられる点で

す。

みんなが使っているものを使うより、面白くないですか?

たぬきち的には大いにアリです。

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181031214815j:plain

ポンプアクションのショットガンスタイルですが、刺すような一撃を放てる魅力的なトイガンです。

フルメタル、リアルウッドの外装も良いですよね。

隠れた名銃だと思います。

 

 

 

S&T M870ソウドオフ フルメタル リアルウッド

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181031214727j:plain

お次はこちらです。

さっきのやつの、ソウドオフモデルですね。

 

実は購入順はこちらが先でした。

この銃の出来があまりに良くて気に入ったので、思わずサイズ違いを買ってしまったという流れでして(^^;

 

このトイガンも前掲のものとほぼ同じ機関部を持ち、初速も箱出しで95m/s程度あります。

ちなみにこれら二丁はフォアエンドの引きがとても軽く、女性でも容易く引けるほどです。

これこそ、単発発射タイプの恩恵ですね。

 

どのモデルにも共通して言えることですが、M870の宿命として、引き(ポンプアクション)をしくじると弾が詰まることがよくあります。

引きかけて途中で先台を戻してしまった場合、どうしてもダブルフィード(多重給弾)してしまうからです。

引きの軽さはそのトラブルを防ぐうえでもとても有効に働く要素です。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181031220050j:plain

こちらのモデルもフロント・リアともサイトがありませんが、不思議とゲームで使う上では困らないですね。

 

とくにソウドオフモデルの場合、右手を鼻先に寄せて構えることでバレルの延長上に敵を捕らえることが出来ます。

やってみると、小さなサイトをとっさに合わせるよりも、この方が格段にエイミングが早いです。

 

実銃でこれをやるときっと撃発の反動で顔面をやられるかと思いますが(^^;

トイガンではこの構え方はとても有効だと思います。

 

実際、この銃はゲームでもたくさんのヒットを取ってくれました。

早い初速も含め、たたぬきちの心強い相棒です。

 

 

 

CYMA M870ミディアム スポーツライン

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181031220646j:plain

こちらはCYMA製のエアコキタイプのトイガンです。

この個体はたぬきちがリアルウッド風に塗装をしていますが、もともとは黒色の樹脂ストックタイプでした。

 

CYMA製M870はマルイ準拠の3発発射タイプで、マルイのショットシェルマガジンが使えます。

初速は70m/s程度ですが、きれいに散りながら30mほど直進する弾道を描くのでとても使いやすいですよ。

 

一方で、S&T製の単発ショットガンに比べるとフォアエンドの引きは重いので、こちらは体格に秀でた方向けですね。

とはいえ何事にもコツがあるもので、一気にガシャっと引けばそれほど苦にはならない重さです。

 

外観的にはフォアエンドと機関部の間の部分が太く、リアリティを損ねているのが若干気になりますね。

この形状、どうやら東京マルイ・M3スーパー90のコピーのようですね。

ベネリをコピー・改造してレミントンにした、という事ですかねぇ。

 

この個体はスポーツラインですのでバレル部分以外は樹脂製で軽量なのが良いですね。

屋外のサバゲでも、電動ガン武装した相手方に対してこの銃で待ち伏せをして戦ってみましたが、軽いので姿勢を維持しやすく待ち伏せはしやすかったです。

 

やはり3発発射のアドバンテージはすごく大きいですね。

慣れてくると、丁寧にエイミングしなくてもヒットが取れるようになるので無双感を味わう事もできます。

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181031222348j:plain

この個体に関しては、リアルウッド風の塗装がうまくいったので愛着がある一丁です。

茶色に塗装した後、ニスを刷毛で何層にも塗り重ね、その際に刷毛目が付くよう工夫しながら塗っています。

こういうのも、安いスポーツラインならではの楽しみ方でもありますね。

 

 

 

CYMA M870ソウドオフ スポーツライン

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181031222644j:plain

さてこちらはこの秋の新作です!

予約購入し本日届いたものですので、発売直後のモデルとなります。

今回のM870特集も、実はこれが届いたことに端を発しています(^^;

 

機関部等は前掲のモデルを踏襲し、ショートバレル&ソウドオフ化、そしてウェポンレール&シェルホルダーを標準装備したタクティカルなエアコキショットガンです。

初速は74m/s程度とやや早めですね。

 

よくエアコキショットガンはフォアエンドの引きが重いと言われますね。

それでも、ストックを肩に当ててコッキングをするとずいぶんコッキングはしやすくなります。

一方こちらのモデルですが。

あれあれ?? ストックがありませんねぇ。

 

という事は。

当然、フォアエンドの引きはとっても重いのです(汗

 

ピストルグリップだとまだ幾分やりやすく感じますが、ソウドオフされたライフルストックなのでコッキングのしやすさは最悪レベルです(>_<

 

それでも軽量さ、取り回しの良さはピカイチですのでね。

三発発射ですので、インドアゲームでのアドバンテージは大きいと思われます。

 

何より見た目が格好いいじゃないですか。

このトイガンはそれだけでもう十分な存在価値があります。

うん。間違いない。

 

 

A&K M870フォールディングストック フルメタ

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181031224232j:plain

こちらはA&K製のM870です。

エアーコッキングタイプで、微妙にマルイに準拠した3発発射タイプです。

 

なぜ微妙にかというと、A&K純正のシェルはマルイタイプよりも微妙にやせていて、このトイガンにマルイ製シェルを使った場合、よく抜けなくなるからです(汗

 

シェルを挿入するハウジングの内ぐりを拡幅して削れば、マルイのシェルも普通に使えるようになります。

しかしも、結構手間が掛かった思い出がありますね。

 

初速も75m/s程度出ていたと思います。

とても気に入って一時期使っていましたが、残念ながらフォアエンドから機関部へとつながっているロッドの先端が折れてしまって(T_T

力が掛かる部分ですのでね。

どうにもきちんと直す方法が思いつかず、ジャンクとして手放してしまいました。

 

3発発射で首元も細いリアル志向な外観。

フルメタルレシーバーにフォールディングストック。

なかなか気に入っていたんですがねぇ。

壊れてしまっては致し方ないですね。

 

やはり、安定こそ力です。

(どっかの政党のコピーみたいですね)

 

 

 

GE M870SFカスタム フルメタ

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181028200918j:plain

GE(ゴールデンイーグル)製M870です。

最近、このブログへの登場率がとても高いトイガンですね。

 

このトイガンのいい点はガス発射式で3発6発の切り替えが出来るところ。

そしてリアルウッド化キットに換装したので、このスタイルの良さですね。

ガス発射式なのでフォアエンドの引きが軽く、取り回しも良く、スタイル抜群でマルイ準拠。

良いところだらけですね!(大興奮

 

泣き所はガスが漏れるところ。

あと今現在はおそらくホップパッキンがずれてしまっていて故障中です(T_T

詳しくはカテゴリからこの銃の記事を探して見てみてくださいね。

 

こいつがうまく修理・調整できれば最高なんですがね。

そうそううまくいくかな??

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181031233222j:plain

最近、サバゲはほとんどインドアのみで遊んでいるたぬきちにとって、ショットガン、特にソウドオフのモデルはメイン武器のポジションをがっちりキープしているアイテムです。

 

何より、ガシャッ!というこのポンプアクションが良いですよね!

なんともやる気にさせてくれます。

 

考えてみれば、ガス長物や電動長物には定数制を設けているたぬきちの武器庫(部屋ですね)の中で、ショットガンだけは増殖し続けていますね。

 

やはりショットガンがそれだけ好きなんだな。

改めて、そう実感したたぬきちでした。

 

S&T スプリングフィールドM1903 リアルウッド エアコッキングガン 追加整備編です!

みなさんこんばんわ。たぬきちです。

先日のシューティングレンジ以来、新たな調整課題が山積していましたね(^^;

 

そのうち、今宵はこやつをやっちゃいましょう。

出でよ!

 

ボヨォン!(謎の音&煙)

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181028192433j:plain

はいこの人!

S&Tの美しきエアコキライフル、M1903です。

 

 

先日のレンジで出てきた課題は、えっと。

根本的な出力不足とホップの掛かりの不足でしたね。

 

それではやっつけていきましょう!

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181030212219j:plain

ここまでの分解方法は以前レビューしていますので、カテゴリからこの銃についての記事を追ってくださいね。

 

今回はシリンダーまで分解してスプリングの長さを調節します。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181030212346j:plain

まずはマスキングテープの向こう側に見えている出っ張った部品を抜きます。

 

こうやってマスキングテープを貼って外郭に傷がつかないようにして、ポンチを添わせて打ち抜きます。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181030212543j:plain

写真は順不同で申し訳ありませんが、出っ張った部品が抜けたらトリガーメカのハウジングにある最前部、最後部のネジを抜いてハウジングを外しましょう。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181030212744j:plain

すると、シリンダーを引き抜けるようになりますので抜いちゃいます。

 

すぽっとな!

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181030212844j:plain

そうしたら、シリンダのノズル部品を外しましょう。

ノズルの根元に見えている二つの穴にラジオペンチを差し込んで回します。

 

ちなみにたぬきちの個体はとある事情からホップパッキンをマルイ純正ガスハンドガン用に交換しておりまして(^^;

その都合でノズルに海苔巻きのようなものが巻いてあります。

 

その辺の事情も過去記事にあります。

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181030213130j:plain

ノズルが取れると、中からこのようなものがぞろぞろと出てきます。

わりとしっとりつゆだくなので、軽くふいておいてあげましょうか。

 

たぬきちの最近のやり方では、この際に脱脂洗浄はしません。

大体の場合、シリコングリスやセラグリスで再グリスアップすると初速が落ちるためです。

相当数撃ち込んで慣らせば元に戻りますが、100発や200発の話ではないです。

フルオートの電動ガンならともかく、ボルトアクションでそれをやっていたら慣れるころには次のトラブルに見舞われかねません。

 

大体、中華グリスがトイガンの性能の足を引っ張るのは電動ガンの話じゃないでしょうかね。

サイクルとか、ギアの摩擦、加熱とか。

フルオートメインで使用状況が過酷な電動ガンならいざ知らず、ボルトアクションライフルでわざわざそこまで中華グリスを嫌悪する必要はない気がします。

 

そんなところから、たぬきち的にはここは軽くふいてグリスが噴き出さない程度にならせばOKだと思います。

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181030214127j:plain

さてここでこんな情報も上げておきましょうか。

もろもろ、写真の通りの寸法でした。

 

スプリング径はマルイL96とほぼ同じのようです。

 

この個体の場合、問題は出力不足なのでL96用のスプリングから切り出したものをスプリングガイドに噛ませてパワーアップを図りました。

 

仮組したところ、いい具合に限界突破付近に到達。

このまま組んでしまうと、持っているだけで銃刀法違反になってしまう恐れがあるのでこの後調節することにして、すぐに再度分解。

 

くれぐれも、法規違反だけはだめですよ!

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181030214431j:plain

それはそうとして、今回の調整ではやりませんがこの製品はトリガーのぶらぶら具合がなかなかすごいですね。

もしそれが気に入らないなら、トリガーメカをばらしましょう。

 

トリガーの根元に見える円柱状の軸部分にだいぶ隙がありますね。

電動ガン用のシムがちょうど入る径ですので、気になる方はここをシムで調整するとトリガーのガタを治めることが出来ます。

 

たぬきち的には、このガタはS&Tの味付けだと思っております。

同じS&T製品のM40A3はトリガーはとてもリニアでスムーズ。シアが落ちるのも指先で感じられるほどの滑らかな出来でした。

そんな技術のあるS&Tなので、おそらく時代感の演出でわざとこういうプアなトリガーにしたんじゃなかろうかと。

 

たぬきち的にはそんな深読みをしてみましたが。

事実かどうかは定かではありません。

それに、トリガーフィーリングは好みの問題でもありますね。

調整したい方はトリガーメカのバラシもやってみてくださいね。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181030215419j:plain

さて、組立ですが二点ばかりコツがいりましたので記しますね。

 

一つはシリンダを挿入する際です。

トリガーメカの中に、部品が引っかかっているのが見えますね。

この状態で、細いものでこの部品を押し下げないとシリンダはささりません。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181030215618j:plain

あと、シリンダを挿すとこのリングが飛び出します。

スペーサーですのでなくさないようにね。

 

これを元の位置に戻すのですが、切り欠きが上側です。

12時の位置に切り欠きが来るように仕込んで、バレルで押し込んで留めます。

 

これを切り欠きの位置を違えてはめるとバレルが最奥まで入りません。

そしてこれを取るにはもう一度シリンダを外郭から引き抜く必要があります。

面倒なので。気を付けてくださいね。

 

さて、残る問題は二つ。

一つは出すぎている初速。

もう一つはホップの掛かりの悪さでしたね。

 

その二つをいっぺんに解決できる方法を思いついたのでやってみましょう。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181030215926j:plain

今回改めて手を入れたチャンバーです。

改良点は二か所。

 

一つはホップレバーのアームが押しているホップバーにかさ増しで両面テープを二重にしたものを仕込みました。

厚みの差はわずかに見えますが、ホップ山が深く押されることになるのでホップの掛かり具合は改善されるはずです。

両面テープはある程度の弾性があるのでパーツにかかる負担を分散し、はく離紙は表面の張力が強く摩擦係数も低いので、この工作には向いている素材だと思います。

プラ板を仕込むほどの厚みでもないですしね。

 

もう一点は、レバーを止めているネジの右手につけたリミッターです。

プラ板から切り出した小さな部品でこれ以上ゼロホップ側にレバーが動くのを止めています。

これが何かというと、要するにこれより前側に動くと初速が限界突破してしまうので、それを食い止めているわけです。

 

この二つの工作をした結果、リミッターに当たった状態で、最速でも規定値以内に調整出来ました。

あとは必要な分だけホップが掛かってくれるかどうかですね。

それはまたレンジに持ち込まないとわかりません。

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181030221155j:plain

リミッターに当たった状態でこの位置ですので、ホップレバーの引きしろはまだ十分あります。

初速が上がっている分だけでも、ホップはこれまでより強めにかかるはずです。

 

さてさて。うまくいったかな?

 

それはまた次回のレンジインまでのお楽しみですね。

今夜も十分楽しかったですので、ひとまずは満足です。

 

ああ。昔みたいに家の庭で的撃ちが出来たらいいのにな。。。

田舎の家を懐かしく思うたぬきちでした。

 

 

秋深し! 九龍迷宮街区でレッツシューティン! (その③)

みなさんこんばんわ。週末の時間っていうのは、いつも短いですね。

わずかな時間になにを楽しもうか?と考えるとなると、やっぱりこれですよ!

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181028191954j:plain

たぬきちは例の九龍迷宮街区さんのシューティングレンジにまた行ってきました。

秋晴れの中、陣馬街道をクルマで走ってとても気持ちよかったです!

 

本日のお題は以下の通り!

 

S&T M1903 エアーコッキングライフル 

DE M40A3 スナイパーライフル

KSC Kriss Vector SMG GBB

GE M870 SFカスタム

KJ Gemtech Oasiss & Mk1 Silent EVO

 

さあ、どんな具合だったか。

行ってみよー!

 

S&T M1903 エアーコッキングライフル 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181028192433j:plain

今回のメインディッシュの一品でございます。

この個体は初期整備後、レンジへ持ち込むのは初めてです。

さてさて、長距離射撃の精度はどんなものかなー。

 

まず、動作は極めて良好ですね。

当初はボルトアクションのコッキングの戻しが少し硬くてもたつく感じがありましたが、だいぶこなれてきた様子です。

初速はゼロホップで92m/s程度、適正ホップ(0.2g弾)で84m/s程度となりました。

 

撃った感覚だと、弾道は左右へのあやしいロールなどはありませんので、割と素直な弾道です。

しかしも、40mのターゲットは狙えるものの、そこから先、50mまでの間には大きな壁がある感じでした。

適正ホップで84m/sだと、スナイパーライフルとして考えた場合にはちょっと出力不足ですね。

 

出力不足で遠くへ飛ばそうとすると必然的にホップを強くかけざるを得ず、ホップを強くすれば初速はさらに下がるので悪循環です。

弾も重量弾ではさらに強いホップが必要ですので、中間距離での直進性は得られても、長距離を飛ばすことに不向きになってしまう。

そのジレンマを解消するのには、やはり適正ホップでも初速が90mを超えてくるくらいの調整をしたいですね。

 

ちなみに、ホップの押し加減が同じだった場合、初速が早い方がよりホップが掛かる傾向があります。

そういう意味でも、長距離を狙うならともかく初速を限界値付近に調整するのが第一です。

もちろん、限界を超えてはだめですよ。

そこが腕の見せ所なのです。

 

やはりこうやってレンジで撃ってみると、調整の方針がはっきりしますね。

このトイガンの場合、まずは出力アップ。

あとはゼロホップ側にホップレバーを一番下げた状態でも多少ホップが掛かっている状態にして、適正ホップで90m台半ばにしたいところです。

 

もうひと頑張りですね。

 

さて、次です!

 

 

 

 

DE M40A3 スナイパーライフル

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181028194228j:plain

こちらはチープガンにしてはだいぶまとまってきました。

ゼロホップで96m/s程度、適正ホップで94m/s程度です。

ホップによる初速のロスが少ないのが良いですね。

 

やはり適正ホップでこれくらいの初速があると、やすやすと50mまで届く感じです。

しかし、そこはチープガン。

50mでの着弾は、一言でいえば雑な感じです。

 

いやいや。弾道がちぐはぐとか、フライヤーが出まくるとかそういう深刻な事ではないのですが。

毎回同じような弾道を描くのですが、微妙に着弾点がずれる。

50m先でもおおむね1m四方くらいの範囲の中には納まるので、チープガンにしてはむしろ上等かもしれないのですが。

うーん惜しい。

 

まあ、この辺はバレルにしろチャンバーにしろ、根本的につくりが今一歩なので仕方がないですね。

このあたりの精度を得るためにお金をかけるくらいなら、もともとVSRを購入した方が手っ取り早く、効果も上がることと思います。

あえてDEのM40A3を使うのは、結局はVSRに対するアンチテーゼですので、これはこれで良いのです。

 

そもそもめくじらを立てて精度を求めるようなトイガンじゃないですからね。

基本セットを調整しただけで得られる精度としては、上々じゃないでしょうか。

20m、30mならば毎回ヘッドショットが成功するくらいの精度はあります。

 

これはひとまず、完成としましょう!

 

次、行ってみよー!

 

 

KSC Kriss Vector SMG GBB 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181028195722j:plain

ストックを取っ払ったこのスタイル。良いですねぇ。

 

気温19度程度でしたが、動作も良好でとても好印象でした。

初速は適正ホップに調整した状態でMaxが81m/s程度です。

 

弾道はガスブロにしてはとても素直でのびやか。

ホップの掛かりが良いようで、まぐれですが50m先の金属円盤のターゲットを鳴らしてくれました!

こうなると、ストックを外してきたことが悔やまれますね。

 

やはりガスブロは良いですね。

クリススーパーVシステムのおかげで、リコイルショックは射手側、銃握下側に分散されるのでそれほど強烈ではありませんが。

撃っている感覚というのはとても感性に響くものがありますね。

 

昨日はこれを引っ提げて仲間とインドアのサバゲに行く予定だったのですが、仕事の都合で参加できなかったことが悔やまれます。。

 

こうなりゃ、やけ撃ちだー!(笑)

 

フルオート&二点バーストも動作快調なので、やけ撃ちしたい方にもおすすめですよ。

 

 

 

 

GE M870 SFカスタム

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181028200918j:plain

これも最近のお気に入りの一つです。

ガス式、リアルウッドのソウドオフですよ!

期待が膨らむ構成ですね。

 

うーん。期待は膨らむ一方なのですが。

実際のところ、ちょっと手を焼きますねぇ。

 

まず、グリップを交換したことによるガス漏れの症状ですが、だいぶ状態は良くなりました。

ガスケットのシール材をいったん剥がし、外径10mmのOリングを調達してそれを3重にして装着してみたところ、漏れが少なくなりました。

それでもまだ、一晩たつとガスは抜けきってしまいます。

まあ、ゲームで使うには不便しない状態なのでそれは大きな問題ではありません。

 

現状、パッキンが要調整です。

3発にしろ6発にしろ、弾の散りが不均一で鬼ホップの弾とションベン弾が混在している状態です。

 

また、このモデルはラピッドファイア機能があります。

それを確認するために乱射していたところ、BB弾が大して飛ばずに銃口から落ちるように飛び出す症状が出てしまいました。

おそらくこれは、ホップパッキンが内部でずれたためかと思われます。

 

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181028205509j:plain

このタイプで良くあるマイナートラブルのようですね。

パッキンが一般的なバレルを包み込むようなタイプではなく、載せたパッキンをチャンバーで押さえつけている構造のために発生するトラブルです。

給弾のために前後動するノズルに引きずられて、パッキンがずれてしまうのです。

 

対処方法は至ってシンプル。

組み込みの際に、パッキンをバレルに接着すればいいはずです。

 

あとは鬼ホップとションベン弾の格差問題ですね。

これについてはちょっと良く調べてみないといけないですね。

 

いやはや。トイガン遊びは奥が深いです。

ま、それが面白さの所以なのですが。

 

さて、ラストは何だっけな(笑)

 

 

KJ Gemtech Oasiss & Mk1 Silent EVO

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181028202548j:plain

そうそう、こんなものも持ってきていましたね。

よく似た二丁ですが、内部構造は全く同じです。

 

こちらはホップ調整のために持ち込みました。

双方とも、初速は90m/s程度あります。早いですね!

 

そしてつまづきホップ構造の一般的な特徴の通り、弾道も暴れん坊です(笑)

なかなかまっすぐ飛んでくれないのですが、オアシスの方はそれでも30mのターゲットを狙えるくらいの精度が出ています。

 

オアシスはホップパッキンを電動ガン用PDIパッキンから切り出したものに変更してあります。

サイレントエボはマルシン製のMk1アサシン用のパッキンです。

 

今のところ、サイレントエボの方はデフォルトのパッキンと同じくらいの暴れん坊です。

経験上、このトイガンのパッキンはなじむまで相当数、撃ち込まなければならないのでまだまだこれから良くなるかもしれません。

ま、あまり期待をせずにいましょう。

 

それでも部屋で小さなターゲットを狙い撃ちするのにはとても良い銃ですよ。

ガスブロに比べたら撃発音が小さいし、初速が早いので近距離での直進性は優れていると思います。

 

 

さてさて、今日も楽しく撃てました。

そしてたくさんの課題を持ち帰りましたね。

トイガン遊びは奥が深く、やることが尽きませんね。

 

たぬきち自身の時間の余裕がないことの方が問題視されるべき。

それも今後、深刻化する見込みですしねぇ。

 

ま、それも含め。

やれるときに思う存分、精いっぱい遊ぶのです。

暇を持て余す人生より、よほど良いんじゃないでしょうかね。

 

そういう意味では、トイガン遊びは暇を埋めて余りある奥深さがありますので。

本当に趣味性の強い、楽しい遊びですね。

 

 

おまけ

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181028205937j:plain

九龍のポイントカードがたまっていましたので、商品と交換してもらいました。

なんと、¥8,000-分も引き換えてくれました~。

 

欲しかった九龍謹製の赤ウサギもゲット(^^

そして右下のものは、なんと10禁のグレネードです!

 

 

f:id:tanukichi-in-mtsemba:20181028210213j:plain

ピンを抜いて落下させると、内部のバネの力でBB弾をまき散らすらしいです。

上側の黒い羽がBB弾を跳ね飛ばすとのこと。

 

おそらく大した威力はありませんが、こんなものが足元に投げ込まれれば痛くなくてもヒットと言わざるを得ないでしょうからね。

九龍戦闘市街区では不可だと思いますが、九龍迷宮街区では使用可能とのことです。

 

ピンを口で抜いて、隣の部屋に放り込みたいですね!

あ、たぬきちはガスマスクなので、ピンが口で抜けない(T_T

 

おあとがよろしいようで。

それではまた。たぬきちでした。